今年は124年ぶりに、節分が2月2日だったそうですね。節分って2月3日に固定されているものだと思っていましたが、違うようです。

節分とはつまり、立春の前日のこと。

地球が太陽の周りを1周する時間は365日+6時間弱なのだそう。そのため、立春は毎年少しずつずれるのだそうです。3日になったり、4日になったり。節分は立春次第で日付が決まるので、2日になったり、3日になったり。

しかし124年ぶりといういことは、節分が2日にくることを経験せずに人生をまっとうした方がたくさんいるということですね。そう考えると、なんだか貴重な気がしてきます。

鬼もさぞ慌てていることでしょう。え、3日だと思ってたのに、1日早いのかよ。ずぼらな鬼は準備が間に合わず、てんやわんやなのかしら。


お仕事のご依頼やお問合せは下記のフォームよりお願いいたします。