先日、豪徳寺に初詣をした帰りに立ち寄ったコーヒースタンドで、”攪拌ドリップ”なる淹れ方をしていました。そのお店で豆を買ったので、帰宅後さっそく真似をしてみることに。

蒸らし中にスプーンで混ぜる、というのを何回か繰り返して抽出濃度を高めるやり方です。浅煎りの豆に効果的な手法なのだとか。

苦味とか酸味とか、いろんな要素が全部強いコーヒーになりました。確かに、浅煎りの豆にはこのやり方いいのかも。コクがでるというか。でも蒸らしの時の美しい膨らみを眺める瞬間が好きなので、たまにでいいかな〜攪拌ドリップは。

購入した豆は、お店オリジナルブレンドのものとエルサルバドルのもの。エルサルバドルは初めて飲んだけど、酸味が際立つフリーティタイプ。店員さんのおすすめどおり、細挽きでいただきました。