ブログ

美しいふくらみ – わたし的珈琲道

ハンドドリップでコーヒーを淹れるとき、最初の蒸らしが肝心なのだそうです。ドリッパーからサーバーしたたることを恐れずに、全体にお湯が行き渡ることを意識してかけるのがコツだって聞きました。昔は「表面を湿らす程度で良い」という話を信じていたけれど、違うらしい。なんなんだ。

最近、所作が悦に入ってきて、蒸らし時の膨らみが美しさを帯びてきました。

見ているだけで香ばしい香りが漂ってきそう。自画自賛しておきます。

コーヒー道は奥が深い。修行は続きます。みるっこほしい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です